旧年度記事

母校から

新たな道を目指して

(フレッシュアップコミュニケーション30年版より転載)

学校長 丹 陽子

学校長 丹 陽子同窓会の皆様には日頃より大変お世話になっておりまして、誠にありがとうございます。本年三月には創立七十周年記念式典を無事に挙行させていただきました。ご協力誠にありがとうございました。本年度も何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年十月の竹早小・中学校校舎より出火いたしました火災につきましては、大変ご心配をおかけいたしました。心よりお詫び申し上げます。旧年中は学習環境の検査、使用教室の確保等をはじめとして種々の困難がございましたが、その後、年明けからは全教室が普通に使用できるようになり、学習への支障は来さない状況になりました。職員室・事務室・校長副校長室は夏休み期間中に工事を行うこととなっております。今後はより一層安全管理に心がけて参る所存です。

また本校は、平成二八年度より東京学芸大学の「附属学校等と協働した教員養成系大学による『経済的に困難な家庭状況にある児童・生徒』へのパッケージ型支援に関する調査研究プロジェクト」に参画し、教材開発並びに授業研究を行って参りました。これに加え、平成二九年六月に東京学芸大学と自治体が締結した「児童の学習機会の充実に関する協定」(GSP)に基づいて平成三十年度より特別連絡進学を実施し、その体制を確立するとともに、研究体制の準備を開始いたしました。

自己実現への強い意志を持ち、自分の人生を切り開いて行こうとする積極性と学習意欲を持つ生徒たちが、置かれた状況によって断念することなく、成長していくことのできる環境作りは、現代社会の重要な課題の一つです。主体性を重視した園児・児童・生徒の育成を長年にわたって行ってきた竹早地区の幼小中連携教育研究の土壌の元に、このプロジェクトを進展させ、子どもたちが希望を持って自己実現に向かっていくことのできるモデルを構築することが、本校に課せられた使命と考えております。

同窓会の皆様には以上の趣旨にご理解を賜り、今後とも一層のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

竹早で育まれるということ

(フレッシュアップコミュニケーション30年版より転載)

副校長 森 顕子

副校長 森 顕子「今いる場所も愉しいけど、外に出てみて、竹早のことがますます好きになりました。竹中、大好きです。」

様々な代の卒業生が、頻繁に訪ねてきてくれます。一人でふらりと現れたり、友達数名で連れ立って来たり。そして笑顔で、或いは涙を流しながら冒頭の言葉を伝えてくれることがよくあります。同級生が娘息子を受験させたが縁を持てなかったことを心から残念そうに話す姿に接したり、教え子達が保護者となり、竹早育ちが二代三代になったりしていることを知る都度、今、私は竹中にいられて本当によかった、と心から思っています。

ご挨拶が遅れました。本年四月、副校長に着任致しました森顕子と申します。平成元年に市川市の公立中学校から参りまして、はや三十年。(大学院と小金井中学校に二年間)専門は国語で、詩の創作学習と『万葉集』を中心とした和歌を楽しく学ぶのが私のライフワークです。

竹早在籍は、教師としては二十九年目となるわけですが、実は児童生徒として九年間お世話になりました。竹中では二十九期にあたります。

教師として、後輩たちの人生に身近に関われる幸せを享受してきましたが、今度はご恩返しも含めて子どもたちを育む場全体に関われるときが来たのだ、と思いつつ現職にあたっております。

竹早で得た友人たちは私の人生の大事な核であり、宝物です。様々な形で竹早を支えてくださっている同窓会の皆様の中に友人たちの姿が見えるととても嬉しく誇らしい気持ちになっておりました。そんな自分も自分にできるだけのことを精一杯やっていこう、と決心いたしました。微力を尽くす、まさに字の通りですが、同窓生として先輩の皆様、同輩後輩の方々の支えをいただきながら、これからも「竹中、大好き。」という言葉に包まれた学校づくりを目指していきたいと思います。一層のご支援ご協力の程よろしくお願いいたします。

このページの上へ戻る

Copyright© 東京学芸大学附属竹早中学校同窓会 All Rights Reserved.