同窓会から > 理事会から > 旧年度の記事

理事会から(旧年度の記事)

創立70周年記念実行委員会起動開始します!

(フレッシュアップコミュニケーション28年版より転載)

2017年、竹早中学校は創立70周年を迎えます。
本校70年の歴史の中で、時代の変遷を受けつつ、学校教育がリードされてきました。 そこで平成28年度第一回同窓会理事会にて、更に今後の発展を願い、古谷同窓会長のもとに「創立70周年記念実行委員会」を立ち上げ、実行委員長に白石英行同窓会理事が着任し、「学校」・「創竹会」・「保護者会」と連携をしながら、今後の対応を検討していくことが決定しました。

(沿革)
1947年4月 六・三制実施により東京第一師範学校女子部附属国民学校高等科及び東京第二師範学校女子部附属国民学校高等科を廃し、それぞれ東京第一師範学校女子部附属中学校を文京区久堅町に、東京第二師範学校女子部附属中学校を文京区東片町に設置して創立された。
1949年5月 国立学校設置法施行令により東京学芸大学東京第一師範学校竹早附属中学学校と東京学芸大学東京第二師範学校追分附属中学校に校名変更、1951年に東京学芸大学附属竹早中学校と東京学芸大学附属追分中学校に改称された。
1954年4月 両校は廃止され、東京学芸大学附属「新設」中学校として文京区竹早町の東京学芸大学竹早分校校舎あとに統合新設された。
1960年 東京学芸大学附属竹早中学校に改称。1997年東京学芸大学の学部改編により東京学芸大学教育学部附属竹早中学校に改称。
2004年 国立大学の法人化に伴い国立大学法人東京学芸大学附属竹早中学校となり現在に至っている。

平成28年9月10日 第3回常務理事会 議事録

出席者:古谷・田中(元)・村上・高柳・永井・石黒・白江・田中(充)
田上・野島・高畠・総会担当幹事:市原・和田・清里・市原
39期 伊藤・高橋・宮地・若林

議題

①平成28年度同窓会総会についての報告 → 和田幹事
配付資料によって総括、作業過程及び会計報告があった。
→ 承認した。

②フレッシュアップの発行について → 白石理事からの伝言を髙畠が報告
9050部を発送した。戻り分は516通であった。

③名簿部から。70周年記念名簿の進捗状況等
白石理事から、メールで9/13~9/15に学年宛の依頼状の文案が送られてきた。
内容について理事に確認を求められるものであった。
今回からは代表役員にだけ送付することとした。
(依頼状と各期名簿、赤ボールペン・返送封筒は10月17日に配達された)

④その他(報告事項)→ 古谷会長 創立70周年記念事業は記念誌を作製予定(検討開始)
中学校では75周年に記念式典他を盛大に行いたいとの事。

2011年の震災による破損箇所の修理その他の計画
・体育館天井・防音装置設備作業
屋根・緞帳 等々あり、募金活動を希望している

38期 → 総会の返信はがきで住所変更を行っているが、年次委員が行う作業と重なるのではないかとの質問があった。

次年度幹事4名の自己紹介があった。

◎次回は11月19日(土)午後2時から行います。

2016.11.1更新

平成28年6月18日 第2回常務理事会 議事録

開催日:平成28年6月18日 土曜日14時~16時
出席者:古谷・村上・高畠・田中・石黒・関根・清里・市原・白石

議題

1.創立 70 周年実行委員会について
→学校ヒヤリングの結果(古谷会長より)
・本年度は、学校教職員の定年退職等の在職を考慮しつつ、記念式典や記念誌を実施するものの、大 規模な計画については、75 周年にて実施したいとの事。 例えば、体育館の音響等の設備について、大学側から予算がつかない事から 5 年計画で寄付金等を募集していくことを始めて卒業生による 75 周年記念音楽会などを企画する事。また、廊下に同 窓会パネル等を設置する事を検討中との事。
・田中理事より、30・50周年の事業経過資料が配布された。

↓今後のあり方
・学校側の方向性が出ていないことから、今後も、情報交換をしながら対応をしていく事とした。

2.フレッシュアップ発行について
・総会担当年次より、発行までの経緯の説明があり、無事に発送されている事を確認したが、一点、理事の募集記事において、年度の記載ミスがあった。今後も、広報部と担当年次で発行をしていく事を確認した。なお、理事会議事録等についてのメール発信時には、全ての年次委員に届くよう依頼があった。

3.70周年記念名簿発行について
・白石理事より、今後の予定について確認された。

①総会担当年次のデータチェック、9 月理事会提出(データ配付・確認済み)
②慶昌堂にて今後の資料作成及び発送業務を委託することを決定した(資料有り)
③名簿デザイン・沿革などは田中顧問が担当

4.平成 28 年度総会準備状況について
・38 期より報告を受け、順調に進んでいる事を確認した。JP ビスメールに 38 期の不明者情報を得 ることの依頼があった。

5.理事の担当変更について
・花見理事の急逝により、見直しを実施した(同窓会より香典)。野島理事は、学校授業等で協力を頂いていることから事業部へ。石黒理事は、名簿部が担当していた学校郵送物確認作業を兼務。また、38 期より一人理事入りして頂く事を依頼した。

2016.6.20更新

平成28年4月23日 第1回常務理事会 議事録

出席者:古谷・田中(元)・松岡・花見・永井・石黒・白江・田中(充)・白石
田上。関根(靑)高畠・総会担当幹事:市原・和田・清里

①本年度行事予定について
「学校の年間行事予定」をもとに検討され、白石理事より修正された予定表及び理事連絡表を各理事にメールする事とした。(総会日時とフレッシュアップの編集・発行行程および第二回常務理事会6/18、 第三回常務理事会9/10 )。

②フレッシュアップの発行について
野島理事の「記事の構成」と「文責について」をもとに検討され、今後の予定を決定した(寄稿データ締切5/12、最終データ入稿5/20頃、発送6/9頃、出欠はがきの締切は6/24)。また、高柳監事の原稿については、高畠理事が連絡をとることとした。

③総会について
担当幹事より添付ファイルの説明があり、総会を7月9日(土)に決定し、内容を承認した。
「平成28年度総会資料」PDF 40KB

④先生方との懇親会について
5月20日(金)午後7時と決定し、総務部が準備を進めることとした。

⑤創立70周年記念実行委員会について
古谷会長と白石理事で学校・PTAとの調整を実施していく。実行委員会には、全理事が参加する形とした。

⑥卒業記念品贈呈報告
担当の小菅理事欠席のため、4/22発信のメールが報告された。

⑦卒業式・入学式の報告 古谷会長
卒業式 古谷会長・田中顧問・二瓶顧問が出席
入学式 古谷会長・田中顧問が出席

⑧その他
・田上理事から維持会費等、コンビニ支払の見積書「(株)クリエイティブ・ネットワーク・サービス社」が提案された。
→ 経費がかかる事から当面、郵便局での振り込みと決定した。
・白石理事から出欠はがきのデータチェック見積書「慶昌堂」が提案された。
→ 今年度より担当年次がチェック更新を実施する事とし、9月理事会までに提出を行う事とした。なお、効率化を図る為のはがき返信面の見直しを白石理事と関根(靑)理事が担当することにした。処理事務増加のため、総会費に10万円特別費として追加する事を決定した。

以上

◎次回は6月18日(土)午後2時から行います。

2016.4.26更新

平成27年9月12日 第3回常務理事会 議事録

出席者:古谷・田中(元)・松岡・村上・石黒・花見・永井・白石・田上
田中(充)・関根(あ)・関根(青)・総会担当37期・同38期幹事

配布資料:平成27年度「総会・懇親会」運営報告→藤沢幹事
会計報告→石川幹事
本理事会資料→白石理事

報告事項:三嶋副会長病気静養のため辞任、後任は村上一路氏(13期)

議事
1.平成27年度同窓会総会について
担当幹事により、詳細な当日の運営報告書が配布された。
前回の理事会に担当幹事の出席者がいなかったことへのお詫びの言葉があった。

2.フレッシュアップについて → 白石理事
配布資料による説明
印刷部数 9000部 発送部数 8300部
戻り 341部 変更申し出 61 死亡申し出 12 退会申し出 2 
計 416 → 慶昌堂へデータ更新依頼済み
以上承認された。

懸案事項
1.フレッシュアップ発行における年会費納入向上について
コンビニ収納→資料提供(サラトにおける検討)
(株)サラトは、同窓会費等の収納用紙を印刷する許可を得ている。
慶昌堂は印刷できない。
収納は、1項目に限られ維持会費と寄附金のどちらかは郵便局を使うこととなる。

2.2017年・名簿発行にむけて
1・2ともに次回への継続審議となる。

出席者37期の総会担当幹事は、関根・和田・市原・清里さんです。

◎次回の常務理事会は11月21日(土)に行います。

2015.10.20更新

平成27年6月6日 第2回常務理事会 議事録

出席者: 古谷・田中(元)・高柳・花見・田中(充)・白石・高畠

議事
1.平成27年度同窓会総会について
総会担当幹事全員欠席のため、白石理事が石川幹事にその場で電話連絡して予算の使い方、会のすすめ方などを報告してもらうことを依頼する。
→8日担当年次(37期)より予算及びプログラム等の報告を別紙受けた。

2015年度竹早中学校 同窓会費用見込み(PDFファイル 177KB)
「総会・懇親会」式次第(PDFファイル 84KB)

予算については持ち回りで承認する事とし、次第書については、学校の先生方の参加状況を担当年次が把握することから、担当年次が作成し、参加者に配布する事とした。
→総会を実施することから、担当年次にその場所の確保を依頼した。

2.フレッシュアップの発行・発送について
6月8日以降、JPメールで順次発送する。週内には会員に届く予定と白石理事報告。

3.名簿部から
名簿発行を希望する声が多数あり、2017年度に発行することを正式に決定した。
同窓会会費納入促進として、(株)サラトにコンビニ収納について調査を実施する事とした。

4.会長からの報告と提案
当会副会長で創竹会会長の三嶋副会長が病気療養のため、創竹会会長を辞任されるのに従い、古谷会長が急遽創竹会会長も兼任されることになった。
総会の議題に人事変更として上げる。
今後の課題。会則の附則に、総会担当幹事から最低2名以上、常務理事会のメンバーになってもらうことを加える →規約の改正等を含む為、継続事項

◎ 次回は9月12日(土)・総会決算等

2015.6.25更新

平成27年4月18日 第1回常務理事会 議事録

出席者:古谷・田中(元)・花見・永井・石黒・田上・野島・白江・髙畠

議事
1.本年度の行事予定の検討(添付ファイル参照)
白石理事作製の予定表通りに進行することを承認

2.フレッシュアップの発行について
野島理事作製の予定(添付ファイル参照)で作業中との報告を承認
予定表の訂正事項
・学校長は渡辺先生が退任、丹校長となる
・ページ7 ②平成25年度会計報告を削除する 平成27年度予算案を加える

3.総会について
総会幹事が全員欠席(事前に会長承認)
担当幹事からの進捗状況報告により、理事会で、7月11日(土)のランチルーム使用の許可を勝岡(新)副校長に申し出る。
フレッシュアップの原稿は進行しているとのこと

4.先生方との懇親会について
5月29日(金)19時~と決定 会場は未定 白江理事担当

5.その他 報告事項
田中(元)顧問 → フレッシュアップのバックナンバーを集めることの提案 田中顧問は、1985年・86年・89年・90年以外は保持している 85年が第一号とのこと、
1992年から同窓生全員に配布するようになった カラーは94年から
創立70周年記念に、バックナンバーを集めた電子版を作るのはどうか、という提案もあった

2015.4.28更新

平成26年12月6日 第4回常務理事会 議事録

出席者:三嶋・松岡・田中(元)・花見・永井・石黒・白石・田上・関根(青)野島・髙畠

1.フレッシュアップの編集について 外注化概算等 編集者の増員を具体化
2.維持会費等のコンビニ払いについての中間報告
3.保護者説明会報告(同窓会入会のお願い)
4.新年会について
5.卒業記念品贈呈について
6.その他
・同窓会収入について
同窓会には。維持会費・寄附・名簿の3つの収入があることから、 今後の収入確保を継続的に議論していく事とした
・新理事の承認 38期生関根青磁さんを承認し、広報部配属とした
・名簿部 名簿修正736名 フレッシュアップの戻りは5%(8000部のうち)

次回の常務理事会は平成27年度第一回となります
4月18日(土)14時~の予定です

2015.1.23更新

平成26年9月13日 第3回常務理事会 議事録

出席者:古谷・三嶋・田中(元)・関根・白石・石黒・白江・田上・野島・白石・髙畠
総会担当幹事:髙畠 27年度総会担当幹事:藤田:中野:藤沢:石川

議事録作成:高畠

1.(持越事案)フレッシュアップの編集について
2.ホームページ更新について
3.維持会費等のコンビニ払いについて(継続審議)
4.附属追分小・中学校の記念碑板除幕式、完成祝宴の報告 → 古谷会長
5.平成26年度総会報告
6.その他
7.理事会終了後、懸案事項であった同窓会専用の棚を倉庫内に、白石理事が設置した。
・石黒会計が決算済み  (記事

次回の常務理事会は、会長のご都合により、12月6日(土)2PM~となりました。

2014.11.26更新

同窓会倉庫に新たな棚が設置されました

9月13日 白石理事のご尽力で同窓会倉庫に新たな棚が設置されました。
下段3段を同窓会で、上段2段を学校で利用して頂き、より広く快適になりました。
なお組み立てにご協力頂いた、高畠理事・関根理事ありがとうございました。

2014.9.17更新

次回同窓会理事会のお知らせ

2011.07.09 土曜日  14時より開催

総会担当年次 33期

そのほか詳細がきまれば記載いたします。

名簿部より

同窓会60周年記念19年度版名簿作成について

来年、19年度総会時の発行に向け、次の通り、最新の個人情報所得と広告記載について準備に入ります。

個人データ提供のお願い

本年(18年度)総会の返信葉書に、総会出欠の他に会員皆様の個人情報の記載欄(調査カード)を設けて、会員全員に下記の項目について調査を行います。

卒業年次・名前以外の郵便番号・住所・連絡先・ご職業(勤め先)・最終学歴又は通学先については発行される名簿の記載の有無を選択できるようにチェック欄を用意致しましたので、記載を希望しない場合は?をご記入下さい。

  1. 外国にお住まいの方は、日本国内の連絡先も併記して下さい。
  2. 仕事の都合上で転勤の多い方などはご住所をご実家でご登録されることをお勧め致します。
記載された情報は同窓会名簿部が管理し、各年次同窓会の開催などに年次委員から要求された場合は、「竹早中学校同窓会個人情報に関するガイドライン」に照らし、合致すれば提供を行います。

※葉書の返信がない場合は、現在同窓会が所有しているデータを記載致しますのでご了承下さい。

名簿発行に当たり広告のご案内

名簿の最後に数ページ広告欄をご用意致します。同窓会会員の皆様のご協力をお願い致します。

A4版 ページ片面 10万円
A4版 半分 / ページ片面 5万円
A4版 一段 / 三段 / ページ片面 3万円
A4版 名刺サイズ / 一段 / 三段 / ページ片面 1万円

名簿部 白石 英行ファクス03-3811-5115又は E-mail bunkyo@mail.ne.jpで仮申し込みをお願い致します。仮申し込み後、広告記載用紙をお送り致します。
※締め切り平成18年12月25日

個人情報保護について

平成17年4月1日に同窓会長を中心として、個人情報保護委員会を設置し、同窓会における個人情報管理に関し、適切な運営を図る為に「竹早中学校同窓会個人情報に関するガイドライン」及び「竹早中学校同窓会個人情報保護基本方針」を策定して参りました。
その後一年をかけて、データの管理等を行う業者選定に入り、この度平成18年4月1日をもって「慶昌堂印刷(株)」と本同窓会との間に「東京学芸大学附属竹早中学校同窓会名簿の作成・管理等に関する覚書」を締結致しましたのでご報告致します。
以下全文

東京学芸大学附属竹早中学校 同窓会名簿の作成・管理等に関する覚書

東京学芸大学附属竹早中学校同窓会(以下甲と称す)と慶昌堂印刷株式会社(以下乙と称す)とは、甲の同窓会名簿の作成・管理等にあたり、以下の条項について合意する。

<業務>

  1. 甲は同窓会名簿の発行につき、乙をその印刷業者として指定し、甲に属する会員の氏名・住所・電話番号・出身校・勤務先・メールアドレス等の情報(以下「本情報」という)を含む名簿を乙に提供する。
  2. 乙はこれを受託し、編集、印刷、製本、発送、納品を行う。
  3. 乙は上記2の業務に付随して発生する以下の業務を、併せて受託する。(以下2と3をあわせて「本業務」という)
    1. (ア)名簿内容のデータの保管・管理
    2. (イ)名簿内容のデータの修正並びに補填
    3. (ウ)クラス会等の名簿抽出作業
    4. (エ)同窓会開催にあたっての発送(配布)先宛名のラベル作成
    5. (オ)その他、名簿データを利用して発生する仕事
  4. 乙が本業務を行うについて、甲は情報の提供、データ内容の変更指示などを適時適切に行い、甲乙互いに齟齬を生じないよう留意する。
  5. 乙は甲の指示に従って正確に修正を行い、常時最新のデータを整備しておく。
  6. 名簿内容の校正・確認は甲の各年次委員が行い、さらに甲の総務部がこれを校了にする責を有する。
    1. (ア)乙は保管するデータが変質しないよう、細心の注意を払い、万全の措置を講ずる。
    方法:内容データはネットワークより切り離されたハードディスクと光磁気ディスクの両方に同様データを保存しておき、データクリーニングは年1回発行の同窓会報発行時にハードディスク側データで修整作業を行い保存し、バックアップデータとして光磁気ディスクにも保存、正・副両方の整合性をはかる。また5年おきに発行されている同窓会名簿も上記データを使用し、同様の作業と双方への保存を行い保管管理する。
  7. データの保管、管理は乙が行うが、データに関する一切の権利は甲に帰属するものとし、その改訂、増補は甲の責において行う。

<費用>

  1. 乙は入力につき1データ<(1)年次委員マーク(1学年2~4名程度)、(2)氏名(旧姓)、(3)郵便番号、(4)住所、(5)電話番号、(6)出身校、(7)勤務先(電話番号)(8)メールアドレス>の料金を単価80円として見積もり、甲に提出してこれをお互い合意した。
  2. データの年間保守料金並びに宛名ラベル作成料については別途見積書を乙が提出し、甲乙協議の上決定する。
  3. 同窓会名簿の印刷製本に関しても2項と同様の手続きを行う。
  4. 係る費用の支払いについては、乙の定める支払条件に準拠するものとする。

<業務の継続>

  1. 本業務を継続するにつき、甲または乙の何らかの都合により、解除もしくは継続不可能になると想定される場合は、可及的速やかに甲乙互いに告知を行い、収拾策を協議し、円満解決を図るものとする。
  2. 天変地異など、不可抗力による本業務の履行遅滞および履行不能については、甲乙互いにこれを糾問しない。ただし、修復については甲乙協議の上、損失を最小限にとどめるよう、互いに合意点を見出す最善の努力を行う。

<有効期間>

  1. 本覚書の有効期間は、本覚書手交日より1年間とする。ただし期間満了3ヶ月前までに甲乙いずれかによる何らかの意思表示がない限り、本内容は1年間延長するものとし、以後も同様とする。

<協議>

  1. 甲と乙とは互いに信義誠実をもって本覚書の内容を履行し、本覚書の内容に疑義を生じた時、または本覚書に定めのない事項に関しては、甲乙で別途協議し、円満に解決を図ることとする。

≪個人情報保護に関する特記事項≫

<個人情報の保護>
第1条
乙は、本情報を取り扱うにあたっては、個人情報保護のため、次条から第9条までに規定する事項及び秘密保持誓約書を遵守しなければならない。

<秘密の保持>
第2条
乙は、本情報の内容をみだりに他に漏らしてはならない。本覚書の期間が満了し、又は解除された後においても同様とする。

<目的外利用の禁止>
第3条
乙は、本情報を、本業務の目的以外に使用し、又は第三者に提供してはならない。

<再委託の禁止>
第4条
乙は、甲が承諾した場合を除き、本情報の処理は自ら行い、第三者にその処理を委託してはならない。

<複写、複製の禁止>
第5条
乙は、本情報を甲の承諾なくして複写し、又は複製してはならない。

<返還義務>
第6条
乙は、甲の請求があった場合、本情報を、使用後速やかに返還しなければならない。

<立入調査>
第7条
甲は、必要があると認めるときは、乙の本情報の管理状いて立入調査をすることができる。

<事故報告の義務>
第8条
乙は、本情報の漏えい、損傷及び滅失があった場合は、直ち甲に報告し、その指示に従わなければならない。

<公表、損害賠償及び契約解除>
第9条

  1. 甲は、乙が本特記事項の規定に違反した場合、その事実を公表することができる。
  2. 乙は、その責めに帰するべき理由により本特記事項の規定に違反し、甲又は第三者に損害を与えたときは、その損害を賠償しなければならない。
  3. 乙が、その責めに帰するべき理由により、本特記事項の規定に違反したときは、本契約を解除するこができる。

平成17年度同窓会活動状況

(フレッシュアップコミュニケーション 平成18年版より転載)

4月 8日 (土) 第59期入学式列席(会長、副会長)、お祝い1万円
5月 27日 (金) 懇親会(校長、副校長、学年担任など7名)  兼常務理事会
6月     追録・名簿発行(卒業生に配布)
同窓会ホームページを中学から独立
6月 6日 (月) フレッシュアップ発送
6月 11日 (土) 運動会観戦(副会長)、お祝い1万円
7月 2日 (土) 同窓会総会(27期担当)
10月 28日 (金) 文化研究会見学
11月 19日 (土) 3年生最終保護者会(同窓会の説明と勧誘、高柳顧問)
1月 27日 (金) 新年会兼常務理事会(後楽園ラクーア)
3月 11日 (金) 常務理事会
3月     記念品贈呈式出席(マグカップ、同窓会名簿、追録贈呈)
3月 14日 (火) 第57期卒業式列席(会長、副会長、お祝い1万円)

広報部より

(フレッシュアップコミュニケーション 平成17年版より転載)

気候もすっかり暖かくなり、初夏を感じる季節になってきました。皆様GWは様々に過ごされましたでしょうね。
私はGWに愛知万博に行くはずがなんと当日に寝過ごしてしまい、その代わりに?竹早中学校近くに2年前にオープンした後楽園のラクーアというスパ施設に行きました。
ずいぶんと近くになってしまいましたが、ここぞとばかりに全身エステティックやネイルサロンに行って散財してきました。もちろん温泉も何度も入りました。

さて前置きが長くなりましたが、私の担当のHPについてすこし触れます。

現在、竹早中学校の同窓会ホームページは下記ドメインになっております。
http://www.takehaya-jhs-dousoukai.net/

ちょっと長いドメインですが、ぜひ一度アクセスしてください。このHPを通して会えなくなったお友達とか先生方の近況がわかるまでになればいいと思っております。(時間はかかると思いますが・・・) また同期会を開催される幹事さんも、お写真や楽しい報告がございましたらぜひ下記までご連絡ください。
投稿先:tagami@officem.jp

最後になりましたが、広報の担当をさせていただいておりますのは3期の荒川さんと33期の田上です。
荒川さんはお年に似合わず(失礼!)IT通で、このHPの件でもいろいろ推進していただきここまでの形になりました。このフレッシュアップをご担当いただいております。
私はIT関連の会社を経営しております。まさにホームページを作ったり、コンテンツを提案したりしております。今流行のブログやいろいろ取り上げて皆さんの交流のお手伝いができれば幸いです。よろしくお願い申し上げます。
http://www.officem.jp

名簿部より

(フレッシュアップコミュニケーション 平成17年版より転載)

個人情報保護について
平成17年4月1日施行の個人情報保護法施行に伴い、東京学芸大学附属竹早中学校(以下竹早中学校)同窓会常任理事会では、個人情報の取り扱いについて平成17年4月1日に同窓会会長・副会長・各部会長による個人情報保護委員会を設置し、同窓会における個人情報管理に関し、適切な運営を図る為に「竹早中学校同窓会個人情報に関するガイドライン」作成に取り組み、「竹早中学校同窓会個人情報保護基本方針」を策定致しましたのでご報告致します。

「竹早中学校同窓会個人情報保護基本方針」

東京学芸大学附属竹早中学校(以下、竹早中学校)同窓会常任理事会は、個人情報の保護に関する法律(平成15年5月法律第57号)施行に伴い、同窓会の目的を果たす為に、会員の個人情報の適切な利用と保護の徹底をはかる旨、「個人情報保護委員会」を設置し、「竹早中学校同窓会個人情報に関するガイドライン」を定め、理事役員はこれを遵守することによって、会員の皆様の個人情報保護と取り扱いに万全をつくしてまいります

個人情報の取り扱いについては次のようにします。

■個人情報について
竹早中学校同窓会では、次の情報を「個人情報」として取り扱います。

氏名(フリガナ)、住所、電話番号、生年月日、最終出身学校・学部、卒業年度など、ある特定の個人が識別され、または識別され得るもののうち、同窓会が業務上取得または作成した情報(機械処理以外のものも含む)

■個人情報の利用について
竹早中学校同窓会では、収集した個人情報を以下の目的の範囲内で利用いたします。

  • 同窓会名簿の整備
  • 同窓会機関紙の送付
  • クラス会等、各種行事の開催案内送付

■個人情報に関する機密保持について

  1. 収集した個人情報については、適正な管理のもとに適正な管理をすることで、常に個人情報の保護に努めてまいります。
  2. 収集した個人情報は、原則として会員のご承諾が無い限り登録された個人情報は第三者への提供や開示などはいたしません。ただし、以下の場合はこの限りではありません。
    1. ①法令により開示・提供を要求された場合
    2. ②開示・提供について本人の同意を得た場合
    3. ③個人の生命、身体、財産の保全上、緊急を要する場合
    4. ④明らかに本人の利益となる場
  3. 個人情報に関する業務を同窓会外に委託する必要が生じた場合は、機密保護、安全確保のための契約書等を委託業者との間で取りかわすなど、適切な措置を講じます。
  4. 個人情報は本人の申し出によりいつでも開示・変更・削除できます。

■個人情報保護への取り組みの改定について
個人情報に関するご意見などありましたら、竹早中学校同窓会名簿部 白石英行(E-mail:bunkyo@mail.ne.jpまたは、FAX.03-3811-5155)までお寄せ下さい。 いただいたご意見を取り入れつつ、内容の見直し、ガイドライン改定に努めてまいります。

名簿の訂正について
2003年度名簿は各卒業年次の代表者である年次委員のご協力により作成致しました。下記の場合は名簿の訂正を行ないますのでご連絡下さい。また、同窓会名簿の最後に葉書を折り込みましたので、ご利用下さい。

  1. 自分の住所の変更等があった時
  2. 友人の空欄(消息不明)をお知らせいただける時
  3. 本名簿に誤りがある時
補足
  1. ①外国にお住まいの方は、日本国内の連絡先も併記して下さい。
  2. ②仕事の都合上で転勤の多い方などはご住所をご実家でご登録されることをお勧め致します。

連絡先
〒112-0002 東京都文京区小石川4-2-1
東京学芸大学教育学部附属竹早中学校気付
同窓会 宛
FAX. 03-3816-8605

このページの上へ戻る

Copyright© 東京学芸大学附属竹早中学校同窓会 All Rights Reserved.